アパレル問屋で使える用語5

アパレル問屋で使われる用語を、以下にご紹介します。

スポンサードリンク

プレタポルテは、高級な既製品を言います。

プロパーは、普通の売り場やそこの商品のことであり、逆の意味の言葉を「バーゲン売り場」と言っています。

ヘリンボーンは、魚「ニシン」の骨を言うのですが、アパレル問屋では骨のような形状の織り目をしている状態をいいます。

マスプロは、大量生産のことをいい、マス・プロダクションを省略した言葉です。

マーチャンダイザーは、企業内の各商品担当者です。

ミニマムロットは、ロットの発注する数であり、ミニマムという単語から、最小限の数になります。

目玉商品は、買い手側に注目して欲しい商品のアイテムで、アパレル問屋以外のお店でも、大バーゲンなどの広告で、客寄せ書かれ目にする言葉です。

元卸とは、メーカーの専用に誕生したオリジナル商品のことです。

アパレル問屋では、そのメーカーに対して卸さずに、違う卸業者に買ってもらうことを示す用語です。

リンキング加工は、網目の部分をつなぎあわせるといった意味合いの言葉です。

ロイヤルティは、特定のアイテムに対して発生する権限へ、使った際の使用料をいいます。

ロットナンバーは、アイテム1つ1つに振られている、製品番号のことです。

ロットナンバーが分かれば、どのアイテムなのか限定することができます。

アパレル問屋に行った際に、以上のような言葉の意味を念頭に置きつつ、意識しながら取引の話をしてみてください。

スポンサードリンク

この記事のタグ

サイト内関連記事

オークションサイトでアパレル販売
楽天やヤフーなど、インターネットで気軽に参加できるオークションは、年々利用者が増......
アパレル問屋で使える用語4
アパレル問屋に行ったら、知っておいた方がいろいろと役に立ちそうな用語を、一部取り......
アパレル問屋で使える用語3
アパレル問屋に出向く前に、業界で使用されている用語の知識を、軽くつけて行ってはい......
アパレル問屋で使える用語2
アパレル問屋に行く前に、知っておけば役に立つ専門的な言葉を、以下に取り上げてみま......
アパレル問屋を活用する利点
アパレル問屋から、洋服の小売店などが仕入れることのメリットは、どういった要素があ......

▲このページのトップへ

HOME

携帯版のQRコード

アパレル問屋:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.i244.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。